スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
■ ある雨の日の少年


彼女は傘を持っていっただろうか・・

いつも崖の上で儚げな表情をみせる彼女

それでも彼には微笑んでくれた


「イビー・・」


今も彼女は待っているはずだ

だから自分が行かないといけない

いつまでもやまない夜の雨の中、少年は駆け出していった

1本の傘を握り締めて


いなくなった少年


そんな理由でショーン君はいなくなってしまっていたのでした

おかげで製錬できません
お仕事さぼっちゃダメだよ~








スポンサーサイト
日記トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>















管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL
http://syujume.blog50.fc2.com/tb.php/70-ce155f7d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。